売買・賃貸・鑑定評価のことならプロパテックへ

 

千代田区神保町の不動産鑑定部門を有する不動産会社です。

店頭のみの物件多数あります!都内をはじめ首都圏の収益物件・投資用物件を多数取り扱い中!管理物件募集中!

 

賃貸は都心7区(千代田・港・中央・新宿・渋谷・豊島・台東とその周辺)に特化しております。自動車でご案内いたします!


Property(不動産) + Techniques(技術)  =  "PROPERTEC"

”鑑定力”を駆使して売却・購入をサポートいたします!

 

 弊社のモットー、それは

 

Friendliness 親しみやすさ

 

Footwork フットワーク

 

Flexibility しなやかさ

 

 3つのF(エフ)です。

 

どなた様に対しても、その持てる能力を軽やかに柔軟に

最大限発揮し、お客様に奉仕・還元いたします。

〈お 知 ら せ〉

パート事務員を募集いたします。

 

勤務時間) ① 9時00分~13時00分 ② 10時00分~14時00分 ③ 13時00分~18時00分 その他勤務時間帯相談に応じます。

 

給 与) 時給制 1,200円~

 

交通費) 全額支給

 

社 保) 完備

 

資格・学歴等) 高卒程度以上。エクセルやワード等、簡単なPC入力のできる方。外国籍の方(中華圏の方特に歓迎)も歓迎いたします。語学能力により時給UP。

 

連絡先) 電話 03-6261-0100 か メール msg@propertec8.com   にて杉本までご連絡ください。

 

平成29年3月16日

〈コ ラ ム〉

さる2月10日の閣議決定で新たに『田園住宅地域』という用途地域の創設が決定されました。

 

用途地域というのは住居、商業、工業など市街地の大枠としての土地利用を定める制度で、現在、第一種住居地域・商業地域など12種類あります。

 

その指定された地域の種類によって建てられる建物の用途や規模が規定されます。つまり住宅街に向けた種類の地域なら工場や大きな店は建てられなくなります。

 

それらの中に『田園住宅地域』が新たに仲間入りするわけです。主眼は「都市農地の保全・活用」のようです。

 

詳しくは→ http://www.mlit.go.jp/report/press/toshi07_hh_000104.html 〔国土交通省〕

 

田園住宅地域というとなんか田園調布をイメージしそうになるので高級そうな印象を受けます。

 

建ぺい率や容積率がどのような数値になるのか具体的なことはまだ不明ですが、都市近郊あるいは地方の自治体やハウスメーカーにとってはいい宣伝材料になるかもしれません。

 

自治体も市街化調整区域を田園住宅地域として市街化区域に再線引きしやすくなるかもしれません。

 

不動産業界も農地付きの分譲住宅などを出してくるかもしれません。

ただ現在、空き家増加が全国的に問題となっている中、どのような影響をもたらすか注視したいところです。

 

平成29年3月11日

 

以前の記事はこちら→「プロパテック・ページコラム太平間

 

 

[所在地]   

〒101-0051

東京都千代田区神田神保町3-23-3  

新聞之新聞(しんぶんのしんぶん)ビル4F-3

 

T E L   03-6261-0100 (おかけ間違いにご注意ください。)

e-メール   msg@propertec8.com

 

(最寄駅:メトロ東西・半蔵門線、都営新宿線「九段下」駅徒歩2分)

* 新聞之新聞とは新聞業界の業界紙のことです。

[業者情報]

 〈不動産鑑定業〉

免許番号 東京都知事登録(1)第2621号

専任不動産鑑定士 杉本 岳晴 (国土交通大臣登録・平成8年登録第5785号)

所属団体 公益社団法人 東京都不動産鑑定士協会

 

 〈宅地建物取引業〉

免許番号 東京都知事登録(1)第100186号

専任宅地建物取引士 杉本 岳晴(東京都知事登録・平成 年登録第144100号)

所属団体 公益社団法人 全日本不動産協会東京都本部(うさぎマーク)